近所の歯科医が通報していた虐待死亡事件

東京都江戸川区の両親による小1長男の海渡君(7)に対する虐待死亡事件。

近所の歯科医師が昨年、「虐待の疑いがある」と区に通報、学校側も家庭訪問して暴行があったことを確認していた。

長男は、搬送病院で、1月24日に死亡した。

両親は電気工の岡本健二容疑者(31)と妻の無職、千草容疑者(22)。

海渡君は、15歳で生んだとされる千草容疑者の連れ子。

歯科医が通報していたが、区や学校側の対応でそれが活せかなかった。

江戸川区によると、昨年9月14日、岡本容疑者宅の近くの歯科医が、海渡君の左ほおと両脚にあざがあるのを発見。

海渡君は、「パパにぶたれた。ママは見ていて何も言わなかった」と訴えていた。

そこで歯科医師は「虐待の疑いがある」と同区子ども家庭支援センターに電話で告げていた。

家庭支援センターは、海渡君が通っていた区立松本小に連絡したのだが・・・



何とも悲しい事件ですね。

歯科医師の重要な役割の一つとして
近年、注目されてきているのが児童虐待の早期発見です。

具体的には
「口の周りが切れている」「歯が欠けている」
といったわかりやすい外見的な特徴だけでなく

虫歯でないのに歯が変色(失活)していれば、
過去に殴られるなど強い衝撃が加えられた可能性が疑われます。
(もちろん、単に転んでぶつけたなどもあります)

また、
虐待されている子は虫歯が多く、未治療の傾向が見られます。

歯科医師はもちろんですが
歯科医療事務の皆さんもアシストのときに「あれ?」と思ったら、歯科医師に相談してみましょう。

そのきっかけが大きな一歩になるかも知れません。


posted by ドクター at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。