レントゲンの被爆について

レントゲンの被爆について

歯科医療事務として半年も働けば
一度は受付などで聞いたことがあるでしょう。

レントゲンって大丈夫なんですか?
妊娠しているんですけど・・大丈夫?

などの
レントゲンの放射線の被爆についてです。

歯科医療事務として歯科医院についてのレントゲンくらいは
自信を持って、きっちり答えられるように知識をつけましょう。


晴れ単位

まず、最初に今回の内容を理解するために
一つ知らなくてはいけないのは放射線の単位についてです。

放射線の測定にはSv(シーベルト)と言う単位を用います。
(余談ですが、スウェーデンの偉い学者さんからとられています)


晴れ日常生活で浴びている?

みなさんは、日常生活を送っていながら被爆していることを知っていますか?

日常生活で自然に浴びる放射線が、日本の場合平均約1.5mSvと言われています。
これは場所によって違うようで
ブラジルのガラバリ市街地では10mSvの自然放射線が観測されるそうです。
(もちろん、そこの住民達は健康に問題もないそうです)


晴れじゃあ、歯科のレントゲンはどうなの?

小さいデンタルレントゲンで1枚0.016〜0.039mSv。
口腔全体が写るパノラマで一枚、約0.04mSv。

つまり、デンタル写真1枚は自然放射線の100分の1程度に過ぎないのです。

胎児に影響が出ると言われている被爆量が100mSvと言われています。
その量のレントゲンを歯科で浴びようと思うと
10000枚のデンタル写真を撮ることになります。

・・・そんな人いませんよね(笑)

また、鉛に入った防護エプロンをつければX線の量はゼロです。

ですから、妊婦の方でも歯科医院のレントゲンは
ほぼ問題にならないと考えて大丈夫なのです。

それでも、「わかったけど心配だ」というお母さんの気持ちもわかります。
私も1人の親として、気分として何か嫌だというのはとてもわかります。

歯科医師の考え方によりますが、
心配な方は12週以降、5〜7ヶ月の安定期に治療をすすめると良いでしょう。


【レントゲン補助の最新記事】
posted by ドクター at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | レントゲン補助 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。