デジタルレントゲンの利点

デジタルレントゲンの利点

前回のレントゲンのページで
歯科医療事務さんも歯科レントゲンがいかに被爆量が少ないかがわかっていただけたたと思います。

今回は更に
レントゲンをデジタル化している歯科医院に勤めている歯科医療事務さんのために
デジタルレントゲンの利点について説明したいと思います。

また、新しく勤めようとしている歯科医院が
「デジタルみたいなんだけど、どうしよう・・」
という歯科医療事務さんはビビる必要は全くありません。

一つずつ一緒に勉強していきましょう。

ひらめき環境に優しく 劇薬が含まれている現像液を使用しない

デジタルレントゲンはフィルムがいらないので現像の必要が無くなりました。
これにより、歯科医療事務さんの仕事は確実に減りますよね。
自動現像機(ジゲン)が医院にないですから、
当たり前ですが、歯科医療事務さん皆が嫌いな解体して掃除も必要なくなりました。


ひらめきからだに優しい 被曝料が少ない

放射線の被曝量が従来のレントゲン装置の1/4から1/10程度ですので、
女性の方やお子様など安心して撮影することが出来ます。
これはHPをもっている歯科医院であれば掲載していることの多い情報です。
受付などで聞かれた際はすぐに答えられるようにしましょう。


ひらめき処理が速い 撮影後、すぐにパソコンでみることが出来る

患者さんをお待たせすることなく撮影画像をお見せしながらお話が出来るようになりました。
これも歯科医師側から見ても非常に大きな利点です。

仮に撮影に失敗してもすぐにわかるので
撮り直しもスムーズです。


ひらめき画像がきれい→温度など環境に左右されず一定で鮮明 

フィルム式は、現像液の温度等環境により画像の濃さが違ったりしましたが
デジタル式は撮った画像がいつも一定で鮮明です。
モニター上で拡大したり濃度を調節したりすることはもちろん、
長さを計測することもできますので、非常に重宝します。


ひらめきコンピューター保存できる→大量に保存できて劣化がない

撮影画像はコンピューターに大量に保存出来てフィルムのように
劣化がありません。
また、フィルム保存のためのスペースも必要なくなりました。

 
私の医院もレントゲンはデジタルなのですが
歯科医院としての一番の利点は
デジタルレントゲンの導入により歯科医療事務さんたちの
現像作業やフィルムの整理や管理に費やしていた時間を
他の時間に有効に使えるようになったことが大きいと感じています。

個人的には
あの「ツーン」とした特徴的な匂いは嫌いじゃなかったのですが(笑)


【レントゲン補助の最新記事】
posted by ドクター at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | レントゲン補助 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。