根治の基本知識1 根治とは

根治の基本知識1 根治とは

辞書的に言うと

むし歯が進み歯髄が感染、壊死、変性した場合に行う歯の根の治療。 根管の中の歯髄(神経や血管)を抜いて消毒し、根管が細菌の巣にならないように専用の材料で密閉する治療法。

・・・わかりにくいですよね。

根治とは一言で言うと
管の療」です。

歯科医療事務として働いている人は
一日に一度は見る
歯の中に針(リーマー)を入れてピーピーやってるやつ」です。

ひらめき 別名?

歯内療法」とも呼びます。

大学の歯学部などでは「根治」というよりも
歯内療法と呼ぶことが多いようですが
(歯科医師の教科書・医学書も「歯内療法学」などが多いです)

なぜか開業医では
根治」と呼ぶことが多いですね。
多分、3文字で呼びやすいからではないかと
勝手に私は思っているのですが(笑)

念のため書きますが「こんち」ですよ。
これから歯科医療事務として働こうと思っている人は覚えておいてください。

あとは
エンド」と呼ぶ人も多いかも知れませんね。


ひらめき 根治には色々ある?

歯内療法は

「抜髄」(ばつずい)
「感染根管処置」(かんせんこんかんしょち)
「根管貼薬」(こんかんちょうやく)
「根管拡大」(こんかんかくだい)
「根管充填」(こんかんじゅうてん)


などの総称です。

今回は説明は省きますが

かわいい「抜髄」「根管貼薬」「根管充填」
かわいい「感染根管処置」「根管貼薬」「根管充填」

といった流れの総称で使われます。



ひらめき どういう虫歯でやるの?

大きく分けて

歯髄炎(プル)
歯根膜炎(ペル)

の2種類の時に行います。

もっと簡単に分けると
いわゆる「C3」のときに行う処置です。

つまり虫歯が歯の神経まで到達したときに行います
(歯根膜炎は到達してから、かなりの時間が経っていますが)

歯髄炎と歯根膜炎の区別などは
次回以降にゆっくり説明しますね。



posted by ドクター at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科医療事務の診療介助 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。