根治の基本知識2 抜髄と感根処(後編)

根治の基本知識2 抜髄と感根処(後編)

今回は最初から、かなり省略して記載してみます。

抜髄(ばつずい)とは

う細菌感染が歯髄まで波及し、歯髓炎に陥った場合に行う、内部に存在する歯髄を取り去る行為のことです。

感染根管処置(かんせんこんかんしょち)とは

根管内の壊死片および腐敗物質や食片などを除去し、根管内を清掃消毒する行為のことです。

注)
大幅に簡略化して書くことで
歯科医師などの専門家から見ると「少し違う」などの表現が
どうやっても出てきてしまいます。
多めに見て、大人気ないコメントなどはご遠慮ください。

更に歯科医療事務さんの実際のアシストでも役に立つように
実践的なことも書いておきましょう。

私自身がここまで簡略化してよいのか悩むところですが
更にまとめていきます。

かわいい神経が生きているときに行うのが 抜髄。生きていない歯(失活)に行うのが 感染根管処置

かわいい当然、麻酔が必要なのが 抜髄。必ずしも必要でないのが 感染根管処置
(もちろん、感染根管処置でも行うときは多々ある)

かわいい当然、冷温痛があるのが 抜髄。ないのが 感染根管処置
(抜髄時には特に温痛が多い)

かわいい歯肉が腫れたり膿が出ているのが 感染根管処置。ないのが 抜髄

かわいい貼薬(ちょうやく)は歯科医師の考えによるが、ぺリオドンは 抜髄の時のみ。 感染根管処置には絶対に使わない。
(ぺリオドンは神経を殺す薬だから)

かわいい一般的には 抜髄よりも 感染根管処置の方が治療期間は長くなりやすい。


こんなところでしょうか。
また、しっかり更に細かく勉強したい
という意欲のある歯科医療事務さんは
「デンタルアシスタントマニュアル」「実務版 歯科アシスタント」MY BOOKで勉強しましょう。

絵がしっかり描かれているので
見ながら私の文を読むと一層良いかも知れません。




posted by ドクター at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科医療事務の診療介助 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。