歯科医療事務の初日 初出勤1

初出勤の日、それはどんな仕事でも緊張するものです。

初めて歯科医療事務をやる人は
イメージもわかないと思いますので大変な毎日の始まりです。

恐らく、通常の事務職ならば
コピーをとることなどは教わらなくてもできるでしょうが
歯科医院では未経験の歯科医療事務さんが
教わらなくてもできる仕事は99%ないと思います。

先輩が年下の歯科医療事務さんでも、
変なプライドは捨てて頑張って色々と教わりましょう!

そんなわけで
今回は「歯科医療事務を全くやったことのない人」対象です。

「他の歯科医院で経験のある人」用の記事は次回以降になります。

病院 少し早めに行きましょう

例えば「8時半までに来て」と院長に言われてたら
少し早めの8時15分などの時間に行きましょう。

なぜか、初出勤の時には時間ギリギリに来る人が多いです。

早く行きすぎて開いてなかったらどうしよう
などと心配があるかも知れませんが

早く理由としていくつか挙げます。



晴れ 院長が周りの人より遅い時間を指定しているかも

初日ということで
雇う側の院長も気を使っているのです。

なかには
出勤時間が9時30分までなのに
「(初日だから)9時40分までに来てください
という場合もあります。
もちろん、そこの院長にもよりますけどね。

この場合、他の歯科医療事務さんの目には
初日から遅刻」と映ります。
・・・最初から人間関係が最悪になりますから(笑)


晴れ 道に迷ったり渋滞も

初日というものは予想していなかった事態がおきます。
車通勤の人は渋滞したり
電車の乗換えが思ったより時間がかかったり・・・

入試じゃないんで、下見は必要ないですが
少し早めに家を出るのを勧めます。


晴れ 早く着いていると名前を覚えやすい

1:遅く行って他の歯科医療事務さんがいっぱいいる状況
2:早く行って他の歯科医療事務さんが一人ずつ来る状況

どちらが良いでしょう?

個人の性格にもよりますけど
自分より遅く来た歯科医療事務さんと
一人ずつ互いに自己紹介する方が名前も覚えやすいし、
色々と話ができると思います。

まぁ、これは個人的な意見なので
お好みでどうぞ(笑)

診療が始まってからの
歯科医療事務さんの初日の過ごし方は次回になります。



【歯科医療事務の初日の最新記事】
posted by ドクター at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科医療事務の初日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。