歯科医療事務の初日 初出勤2

前回の「初めての出勤」からの続きです。

明日から初めて歯科医療事務を始める人は
急いでこちらからお読みください(笑)

歯科医療事務の初日 初出勤1

今回は初日に
実際に患者さんが来てからのことです。

恐らく、あなたが歯科医療事務をする中で
最も働かないのに最も疲れる一日になるでしょう(笑)

病院 患者さんに挨拶をしっかりしましょう

病院によって挨拶の仕方は違いますが

「おはようございます」
「こんにちは」
「お大事に」
「おつかれさまでした」

挨拶には知識も技術もいりません。

初日で何か気恥ずかしいのはわかりますが
周りの歯科医療事務さんの挨拶のパターンを覚えたら
ドンドン挨拶していきましょうexclamation

少し声が大きいかな・・」くらいで充分です。
あなたの評価が上がることはあっても下がることはありません。

ただし、歯科医院のなかには
院長の方針で患者さんに挨拶をしない
歯科医院もあるらしいです。
(信じられない話ですが、知り合いの歯科医療事務さんが前に
 勤めていた歯科医院がそうだったらしいです)

その場合は挨拶をしないように・・・
って言うのも個人的にはおかしいと思いますが(笑)
まぁ、挨拶をするわけにはいかないですね・・・。



病院 他の医療事務さんの動きをよく見ましょう

初日の大部分が見学だと思います。
もちろん、給料が発生しているわけですから

お金をもらって見学している」わけです。


早く昼にならないかな〜
などと考えずに
しっかりと他の人の動きを見ましょうexclamation

やらないとわからないことも多いですが
見たこともないものは出来ないのも事実です。



病院 何を見ればいいの?

先輩の歯科医療事務さんが

・何の器具を使っているのか?
・どうやって患者さんの誘導をしているのか?
・裏方で器具洗いなどをどうしているのか?

など見るべきものは山ほどあります。


特にニチイ学館 まなびネットやユーキャンで資格を持っている人や
このサイト(歯科医療事務.com)を見ている人は

「これがインレーの実物かぁ」
「セメントはこうやって練るんだよね」
「やっぱり患者さんってこんな質問するんだ」

などと見所がわかりやすいでしょう。



病院 歯科医師(院長)を見てなくていいの?

歯科医師の中には
まずは、歯科医療事務ではなく歯科医師を中心に見て
全体の流れを覚えるのが大事だという歯科医師もいます。

それも大事だと思いますし、間違っていないと思います。

ただし、
未経験の歯科医療事務さんが全体の流れを覚えるには
場合によっては1ヶ月くらいかかっている気がします。

それを考えると
2日目くらいから実践できる
「患者さんの誘導」などを先に覚えたほうが良いのでは
というのが個人的な意見です。

もちろん、
勝手に動き回って見る訳にはいかないですから
歯科医師(院長)の後ろで見たり
指示に従いながら見ていましょう。



病院 メモはとったほうがいい?

もちろん、とったほうがいいです。
でも初日のバタバタのなかで
メモをとるのは厳しいかもしれません。

コレ、絶対忘れるな」と思ったことは
空いた時間などにメモをとるようにしましょう。




では、明日から働く歯科医療事務さんは頑張ってください。
絶対になんとかなりますから。


初日を無事に終えたら
2日目から少しは楽になるでしょう。
本当に少しですけどね。

あなたが歯科医療事務をする中で
2番目に働かないのに2番目に疲れる一日になるので(笑)




【歯科医療事務の初日の最新記事】
posted by ドクター at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科医療事務の初日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。