歯科医療事務の石膏つぎ2 「石膏つぎの6ポイント」

石膏つぎの6ポイント

何気なくベテランの歯科助手さん、歯科医療事務さんが
行っている石膏注ぎにもポイントがあります。

ベテランの歯科助手さん、歯科医療事務
きっちりポイントを押さえているか
もしくは、無意識に行っているのですexclamation

では、石膏注ぎのポイントは何かというと・・・



気泡を入れない」←これが全てといっても過言ではありませんexclamation×2
気泡が抜けてないと石膏が固まった時に
気泡の部分が穴になってしまうんですね。


気泡を入れないための石膏注ぎのポイントをいくつか挙げていきます。


1 粉末と水を混ぜる比を間違えないようにしよう

初心者の歯科医療事務さんは水を入れすぎる傾向が強いです。

石膏を初めて触る歯科医療事務さんに

思うとおりやってごらん

と言うと、ほとんど水のような状態になることもあります(笑)

水を入れすぎると石膏がドロドロになって操作がしにくいんですね。
バイブレーターにかける時も
ボコボコ泡だってしまうので気泡がとれません。



2 バイブレーターで気泡をしっかり無くそう

バイブレーターとはぶーんと音のする
振動する秤(はかり)みたいな機械です。

これで気泡を無くす・・・というか、
抜く」「潰す」という表現の方が近いですね。
石膏を広げて厚みを薄くすることで
気泡が無くなったことを確認できます。

ここで気泡が残っていると、
次からのステップをどんなに完璧にしても気泡が入ってしまいます。
  


3 大事な部分の反対側から流そう

つまり、寒天がついている物はついてない反対側から石膏を流します。
シリコンの印象に石膏を流す時も
形成して(削って)あるところの反対側から流しましょう。

シリコンの印象のどこが形成してあるかわからない時は
ドクターに聞いてもいいかも知れません。

ただ、シリコンの石膏を任せられるレベルになっていたら
形成がどこかはわかるレベルになっているので
心配はいらないですけどね(笑)

当たり前ですが、反対側から一方向に流すので
両方向」とか、「色々なところ」から石膏を流すのは論外です。

ベテランの歯科助手さん、歯科医療事務でも
時々、わかってない人がいますので。

私の歯科医院の先輩は色々なところから流してます

という歯科医療事務さんは
イジメられないくらい仲良くなってから教えてあげましょう(笑)



4 一層の膜を作るように注ごう

最初は印象面に薄い石膏の膜が出来るように流し込みましょう。
一気に石膏を流すと必ず気泡が入ります。

まず一層流して気泡が混入していない事を確認したら
もう少し多めに石膏を流しても大丈夫です。



5 割れないように厚く盛ろう

石膏は硬化したら印象材から取り出します。
その時に盛り付けた石膏が少ないと割れてしまう時があるのです。

石膏を注ぐ時に最後の方は
機械に当て続けると盛れずに流れる一方なので
機械から放して盛ってください。

最後に機械を止めて石膏の形を整えます。



6 トレーの外枠に石膏が垂れないようにしよう

トレーの外枠に石膏が垂れている状態で
石膏が固まると後で取り外す歯科医療事務さんが大変です。

石膏は固まる前にトレーの外枠にはみ出しているのは
指などでふき取ると楽でしょう。

特に下顎模型の全顎の模型などは
内側の真ん中から石膏が垂れないように盛りましょう。
ここが垂れていると
石膏を外すときに割れる原因になりやすいです。


こんなところですね。
このポイントを頭に入れたら、数をこなしましょうexclamation

あと、細かい話ですが
石膏が硬化する前に必ず患者さんの名前を記載しましょうね。

石膏が出来てしまうと
どの患者さんの模型なのか分からなくなってしまう事があります(笑)


posted by ドクター at 07:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 石膏注ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。