料金対応「入れ歯っていくらくらいですか?1」

入れ歯っていくらくらいですか?

これは歯科医療事務さんの対応としては2通りに分かれます。

1 通っている患者さんに受付で聞かれたとき
2 通っていない人から電話で問い合わせがあったとき

今回は

1通っている患者さんに受付で聞かれたとき

についてです。


この場合は
通っていない人から電話で聞かれたときよりも
対応としては簡単です。

もちろん

5000円くらいが最近多いな・・

とか思って

5000円くらいじゃないですかねぇ

などと答えてはいけません(笑)



病院 どうすればいいの?

結論から言えば
担当の歯科医師に聞きましょう。

患者さんが知りたい大まかな金額に関しては
答えることができると思います。

自費の入れ歯ならば歯科医院で値段が決まっているでしょうし
保険の場合も入れ歯の設計が決まっている場合は
細かく値段を出せると思います。

もちろん、入れ歯の型をとるまでに
歯肉の治療をしたり、抜歯したり色々とやることがある患者さんは
本当に大まかな金額しか出せませんけどね。



病院 ベテランの歯科医療事務さんでも歯科医師に聞くの?

聞くのがベストでしょう。

でも、ベテランの歯科医療事務歯科受付さんになると
技工指示書や模型を見るだけで、大まかな金額がわかると思います。

歯科医師が忙しかったり、昼休みなどで不在の時は

正確な金額は先生に聞かなければわかりませんけど・・

という前書きの元で大まかに教えるのも良いでしょう。

経験の浅い歯科医療事務さんは真似してはいけませんよ(笑)



【料金についての対応の最新記事】
posted by ドクター at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料金についての対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。