歯科医療事務・歯科受付の面接 後編

未経験者向けの面接のときのポイント

1時間は厳守
2服装も常識の範囲で
3話しているときに院長(理事長)は何を見ているか?
4帰るときに挨拶を

のなかで、今回は一番重要な

3話しているときに院長(理事長)は何を見ているか?

についてです。


何を見ているのか」などというのは
そこの歯科医院や院長によって違いますが、
どんな院長も見ている確実な点がいくつかあります。

晴れやる気があるか?
晴れ明るいか?
晴れ元気がよいか?
晴れ礼儀正しいか?

この4つが一番大事・・・というか最低限のポイントだと思います。

逆に考えてみると

満月メチャメチャ明るいけど、やる気が無い人
満月メチャメチャやる気があるけど、無礼な人
満月メチャメチャ礼儀正しいけど、暗い人

もしも貴女が院長だったら雇いますか?

もしも貴女が患者として
通っていた歯医者の歯科医療事務歯科受付さんがそんな人だったら嫌でしょう?


仕事ができるかどうか」などというのは
実際に働いてみないとわからないものなのです。



晴れ やる気があるか?

これは「やる気」を院長に見せる必要があります。
どんなにやる気があっても伝わらなければ意味が無いですから。

この歯科医院で歯科医療事務・歯科受付として頑張っていきたい
ということを言葉に出して伝えましょう。

歯科助手の本を読んで歯式はわかる
通信講座で歯科医療事務の資格をとった

などという経験も話したほうが良いです。

どう評価するかは院長の考え次第ですが、
やる気がある」ことは絶対に伝わりますから。
プラスになることはあっても、マイナスにはなることはありません。


晴れ 明るいか?
晴れ 元気が良いか?

性格によるのでどうしようもない

という人もいるかもしれませんが、
これは「聞こえる声で返事をする」といった類のものです。

初対面では相手のことを細かくわかることなど不可能ですが
常識的に考えて
ゴニョゴニョ何を話しているのかわからない人に
仕事が出来る人がいると思いますか?

少なくとも人と話す職業である歯科医療事務歯科受付にはいません。


晴れ 礼儀正しいか?

挨拶は45度か?
とか、そういったものではありません(笑)

社会人としての常識の範囲内であれば問題ないでしょう。

もちろん

・語尾が「・・・ですけどぉ
・面接中に携帯電話が鳴る

などといったものは論外です。

歯科医院によっては
一流ホテル並みの接遇を目指している歯科医院もありますが

それは働き始めてから、身につけていくものです。
面接の前に練習するようなものではないでしょう。



明日、面接という人は
これらを少しは頭に入れて臨むと良いかも知れません。

・・・責任はとれませんが(笑)


posted by ドクター at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科医療事務の就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。