診療介助 ライト 応用

ライトの当て方の応用編です。

普段、歯科医療事務歯科受付をメインで行っている方は
診療補助につくこと自体が少ないと思います。

でも、歯科助手さんが休んだり、
忙しかったりするときには行うこともあるでしょう。

その時に
普段、受付してるからできない
のではなく、テキパキこなすと一味違う歯科医療事務さんですね。

応用と書いてありますが、
あくまでも初心者の歯科医療事務歯科受付さんや
働き始めたばかりの歯科医療事務・歯科受付さん向きです。


病院 臼歯(奥歯)を当てる時の角度?


患者さんの開口度(口の開き具合)によるのですが
開きが小さい時は、かなりライトの向きは急な角度になります。

斜めに当てたりと初心者の歯科医療事務歯科受付さんには
想像も出来ないような当て方が色々とありますので、
これに関しては先輩の歯科医療事務歯科受付さんの技を盗んで覚えていきましょう。


病院 上の臼歯を当てる時はミラーに?

上の臼歯のなかで見えにくい歯に関しては
歯科医師はミラーを使用して歯を見る事が多くなりますので、
ライトは歯科医師が使用するミラーに当てる必要があります。

その場合は患者さんの真上か
歯科医師の頭の後ろ(目と同じ方向)からライトを当てることになります。

ただし、ミラーを使用して見るかどうかは
歯科医師によるところが大きいです。
(歯科医師によっては、出来るだけ直接見ようとする歯科医師もいます)

時々しかミラーを使わない歯科医師の場合は
言われたときだけミラーにライトを当てれば良いでしょう。



病院 ライトを当てやすい歯と当てにくい歯?

一般的には左より右の歯の方がライトが当てやすいです。
理由は歯科医療事務歯科受付さん側(通常は患者さんの左側)から見えやすいからです。

なので右下は7番であっても当てやすいことが多いです。

逆に左の上の臼歯が一番難しいことが多いと思います。
歯科医療事務歯科受付さんから頬粘膜(ほっぺた)が邪魔になっています。

昼休みなどにライトの当て方を練習する時には
左上が当てれるようになるようにしましょう。

また、かなりレベルの高い技術ですが
バキュームで水を吸うだけでなく、ライトの当たりを考えて
頬粘膜(ほっぺた)を広げたりするテクニックもあります。

ベテランの歯科医療事務歯科受付さんになると可能ですので意識してみてください。


posted by ドクター at 07:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科医療事務の診療介助 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。