診療介助 麻酔 基本

歯科医院で麻酔を使わない日はありません。

普段、歯科医療事務歯科受付をメインで行っている方は
診療補助につくこと自体が少ないと思います。

でも、歯科助手さんが休んだり、
忙しかったりするときには行うこともあるでしょう。

まぁ、麻酔くらいは
診療介助なしで歯科医師が1人で出来ると思いますけど
どんなことを行っているのか
くらいは知っておいたほうが良いでしょう。

当然、初めて歯科医療事務歯科受付になった日も
麻酔の診療介助につく可能性があります。

そういった人のために「基本中の基本」として書きます。
特に針刺し事故は危険なので。

歯科医療事務歯科受付を1ヶ月以上経験がある人は診療介助 麻酔 応用



病院 まずは表面麻酔から

ほとんどの病院では麻酔の時の順序は

表面麻酔浸潤麻酔

だと思います。

簡単に言うと、浸潤麻酔(いわゆる針で刺す麻酔)の前に
針で刺しても痛くないように表面麻酔(塗る麻酔)をするのです。

つまり、歯科医師が「麻酔します」などと言ったら
いきなり注射器を用意するのではなく、まずは表面麻酔を用意しましょう。

そして歯科医師が表面麻酔を塗っている間に
ゆっくり注射器を準備しましょう。

表面麻酔は歯科医院によって
商品名の「ハリケイン」などと呼ばれていることもありますよ。



病院 麻酔は終わった後が一番慎重に

最初のうちは麻酔を打っているのを見ているだけで緊張するものです。

麻酔が終わった時に一息つきたくなりますが、
ここがさんにとっては一番大事かも知れません。

針のキャップをしめる(入れる)ときに
手に針を刺さないように気をつけてください。

刺すと痛いから」ではなくて「感染の恐れがあるから」です。

患者さんの中には感染の危険のある疾患をもっている方もいます。
(ご自身で自覚の無い方もいます)

歯科医師が自分でキャップをする歯科医院は良いですが
歯科医療事務歯科受付さんがキャップをする歯科医院もあると思います。

基本的には針でキャップを引っ掛けるようにして行うのが
一番安全だと言われていますが、
やり方は歯科医院によって違うでしょう。

自分でゆっくり注射器とキャップを持って行えば
大丈夫だと思いますが、こればかりは慣れても慎重に行いましょう。


初心者の歯科医療事務歯科受付さんがやりがちなのが
歯科医師が注射器をもっているのに、
キャップは自分で合わせようとすることです。

初心者なりに「何か役立とう」という気持ちは伝わるのですが(笑)

メチャメチャ危ないので絶対にやめましょう。

万が一、針で自分の手などを刺してしまった時は
大丈夫だろう
また、ミスしたことで怒られないかな
などと思わずに、歯科医師に言いましょう。

できれば、すぐに内科などで検査をするのが望ましいです。


posted by ドクター at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科医療事務の診療介助 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。