患者さんの誘導3 ユニットに座ってもらう

患者さんの誘導3 ユニットに座ってもらう

単純に考えれば

患者さんを案内してチェアに座ってもらうだけ

なのですが
その際のポイントや、
歯科医師が来るまでの間にすることがいくつかあります。

受付をメインに行っている歯科医療事務歯科受付さんは
呼んだ後は受付以外の歯科助手さんに任せる歯科医院も多いと思います。

ですが
私には関係ないから
などと考えずに、必ず最低限のことは覚えていきましょう。


病院 どのユニットかをはっきりと言う

3番目の席になります
こちらになります

など歯科医院によって言い方は違うでしょうが
患者さんにわかるように伝えましょう。

高齢者の方で耳が遠い方もいらっしゃいますので
手振りを加えたりするとわかりやすいですね。

イメージ的には
ファミリーレストランの案内されるような感じです。



病院 ユニットに移るとき

特に高齢者や車イスの患者さんの場合は手を貸しましょう。

いつも見ているので、普通に思いますが
歯科用のユニットは普通のイスではないのです。

横から座る必要がありますし、
足を置くところもあるのです。

高さも人によっては高いと感じるでしょう。



病院 座ってから歯科医師が来るまで

歯科医師が挨拶するまでにすることがいくつかあります。

1 眼鏡を外してもらう
 
レントゲンを説明するときに眼鏡をかけてもらうことはありますが、
基本的には治療中は眼鏡を預かります。

預かった眼鏡を乱暴に扱う初心者の歯科医療事務さんがいますが
眼鏡を大事にしている人にとっては非常に嫌な気持ちになります。
丁寧に扱って置く向きなども気をつけましょう。

2 口紅を取ってもらう

口紅の度合いにもよりますが、
明らかに触れたときに付くような状態であれば、
ティッシュを渡して拭いてもらいましょう。

3 持ち物を預かる

なかには「持ってるからいいです」「下に置くから良いです
という患者さんもいますが、
基本的には診療の際には邪魔になりますので、預かりましょう。
また、下に置いた場合もユニットに挟まることがありますので、避けましょう。

4 エプロンをかける

エプロンは色々な種類がありますので
歯科医院によって「かけ方」やコツは違うと思います。

初心者の歯科医療事務さんは言われることとして
首をきつくしめすぎない」ということですね。

まぁ、実際に首が苦しくなっている人を見たことはほとんど無いですが(笑)



色々と書きましたが
大事なのは患者さんが気持ちよく治療に入れることです。

これさえ忘れなければ、
少しくらい慣れてなくても大丈夫です。

逆に1年くらいの経験がある歯科医療事務さんが
今日もだるいなー
などと思いながらやると
患者さんがユニットに座りにくくて困っているのに気づかなかったり
眼鏡や荷物を預かるのを忘れたりするみたいですね。

思い当たる人は気をつけてください(笑)



posted by ドクター at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 患者さんの誘導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。