歯科医療事務さんの身だしなみ 基本1

歯科医療事務さんの身だしなみ 基本1

他の社会人にも言えることですが
歯科医療事務のような医療機関に勤める人は更に注意しなくてはいけません。

どんなにテキパキと仕事をこなしていても
身だしなみが歯科医院にふさわしくない人は
院長だけでなく、患者さんからも好感をもたれませんよ。

何点か注意点がありますので、挙げていきたいと思います。

きちんと気をつけている人には当たり前の内容なので
 他の歯科医療事務の給料・年収などを見たほうが面白いです(笑)


1 爪はきちんとカットしていますか?

OLさんなどと違うのはグローブをすることが多いという点です。
爪が少しくらい伸びていてもわからない気もしますが、
意外とグローブの上からでも浮き出ます。

そして、見た目だけでなく
セメントを練るときにも練りにくかったりしますので、
適度な長さに切るようにしましょう。



2 指先や手の汚れはありませんか?

これは朝に注意するというよりも
仕事の途中や昼休みに注意してほうが良いかも知れません。

石膏や印象材など、
歯科医院には手が汚れるものの宝庫です(笑)



3 白衣にシワや汚れはありませんか?

汚い白衣で働いている歯科医療事務さんはそんなに聞かないですけどね。
どちらかというと歯科医師のほうが汚い白衣が多いです(笑)

シワのある白衣というより
歯科医療事務さんの場合、ワックスやNCなどが付いていることが多いですね。

ワックスやNCが付くと取るのが非常に難しいです。

NCが付いた

新しいのが欲しいけど、もったいない
  ↓
病院も買ってくれない
  ↓
そのまま

というパターンが多いでしょうか?
・・・この場合は、歯科医院側にも問題がありますけどね(笑)

ただし、ユニフォームを用意してくれる歯科医院でも
何着でも買ってくれるところはないでしょうし
毎回買ってもらっていては、
服装ではなく、「性格がだらしない歯科医療事務」と認識されます。

NCなどは付いたときに
すぐに洗って落とすことが大事です。



posted by ドクター at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科医療事務の身だしなみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。