歯科医療事務さんの身だしなみ 基本2

歯科医療事務さんの身だしなみ 基本2

他の社会人にも言えることですが
歯科医療事務のような医療機関に勤める人は更に注意しなくてはいけません。

どんなにテキパキと仕事をこなしていても
身だしなみが歯科医院にふさわしくない人は
院長だけでなく、患者さんからも好感をもたれませんよ。

前回の歯科医療事務さんの身だしなみ 基本1に引き続き
2点ほど注意点をあげたいと思います。


4 派手なマニキュアをつけていませんか?

グローブするからいいや」などと思ってはいけません。

慣れてくると忘れる歯科医療事務さんもいるようですが
歯科医院は医療機関」です。
真っ赤なマニキュアをしている看護婦さんがいないのと一緒です。

特に歯科医療事務さんは受付業務をしていますから
保険証の受け渡しなどで患者さんが絶対に気づきますよ。



5 きれいなシューズ(サンダル)を履いていますか?

いつも見慣れているので気づきませんが
一年以上履いていて、一度も磨いていない人は
かなりナースシューズは汚れていると思って間違いないです。

ほとんどの歯科医療事務さんはナースシューズの色が白だと思います。
患者さんの目線に立ったときに
汚れてきた白いナースシューズ」というのは目立ちますよ。

新しいのを買うのも良いですが、時々磨くと良いですね。

ワッテなどに「消毒用エタノール」をつけて磨くと
ほとんどのナースシューズは驚くほど白くキレイになります。

(ナースシューズによっては磨き方が異なる場合もあるので注意してください)




posted by ドクター at 06:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科医療事務の身だしなみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。