歯科診療補助

歯科診療補助

歯科診療補助


いわゆる歯科衛生士学校などの教科書の中で
最もメジャーな本の一つです。

教科書」と聞いて嫌がる歯科医療事務さんもいるかも知れませんが(笑)
歯科衛生士さん用の教科書の中では
一番、歯科医療事務さん向けの本なのは間違いないでしょう。

ただし、受付というよりは
あくまでも「診療補助」についての本なので
歯科受付だけをやっている」といった
歯科医療事務さんには優先順位は低いかも知れません。

今回は受付だけではなく
診療アシスタントもシフトによっては行っているという
歯科医療事務さん向けに書いています。

これも 「歯科診療補助歯科器械の知識と取り扱い」と同様に
街の本屋で売っていることはほとんどないので
読んで買うかどうかを決めるわけにはいきません。
(私もAmazonで購入しました)

そのことも含めて
少し内容も紹介しながら、使い方も考えていきましょう。



病院 買う価値はあるの?

専門書の一種なので、値段も4300円と安くはないですね。
気軽に買う本ではないかもしれません。

安い歯科医師用の専門書よりも高いくらいですから。

歯科医療事務さんといっても
初心者の歯科医療事務さんからベテランの歯科医療事務さんまで幅広くいますから
歯科医療事務さんによって分けて検討していきましょう。


晴れ ベテランの歯科医療事務さん

ベテランの歯科医療事務さんが
自分の病院で得た知識以上のことを知りたい時期に来ていたら
更にレベルアップできる本だと思います。

例えば

いつも使っている2種類のセメントの違いはなんだろう?

自己流で印象を練っているけど、衛生士学校ではどのように教わるんだろう?

基本検査やPCRの表って歯科医師や歯科衛生士はどう見ているんだろう?

といったような疑問が出てきているなら、
この本は非常に面白く読めると思いますよ。

歯科医療事務の仕事も今までと違った角度から見ることができると思います。


晴れ これから歯科医療事務さんを始める人

これから歯科医療事務さんを始める人で
歯科助手歯科医療事務などの通信資格もなしで働こうとしている方は
最初からザーッと読むと治療のイメージが湧くかと思います。

(ザーッと読むには300ページあるので厚いかもしれませんが・・・)

そして
経験なしの歯科医療事務さんが
働く前に読む本としては少し難しい内容かも知れません。

歯科用語などの専門用語も容赦なく出てきますし、
学生用とはいえ歯科衛生士さん用の教科書ですから。

何と言っても教科書らしく「表現もかたい」のですね。

例えば
〜と同様に理解しておく必要がある
みたいな感じです(笑)

全く歯科知識の無い人には拒否反応が出てしまうかも知れません。

歯科医療事務のイメージをつかむのが目的なら
「実務版 歯科アシスタント」MY BOOKなどの本を読んだほうが早いと思います。

まぁ、「これから歯科医療事務」という方で「勉強したい」という人は
ニチイ学館 まなびネットユーキャンの歯科助手講座で資格をとるのが一番ですけどね。


晴れ 働き始めたばかりの歯科助手さん

働き始めて数ヶ月くらいの歯科医療事務さんでも
内容的には難しいかも知れませんね。

働き始めの辛い時期にクタクタになりながら
最初から勉強していくのは大変だと思います。

300ページありますので、最初から数ページずつ読んでいると、
読み終わる前にベテランの歯科医療事務さんになってしまうかも知れません(笑)

(300ページとは本の厚みでいうと1cmくらいあります)

どちらかというと
内容的には全てを網羅していますので、
知らないこと」「わからないこと」を調べる方法を薦めます。

そういった使い方をするには歯科医療事務さんの本としては最高の本だと思います。

わからないことだらけで、とにかく辛い

という働き始めの歯科医療事務さんは
「実務版 歯科アシスタント」MY BOOK「デンタルアシスタントマニュアル」
の方がピンポイントで要点をまとめていて、「即効性」としては効き目があるでしょう。
(休みの日などであれば、2冊とも1日で読めると思います)

逆に2年くらい歯科医療事務の経験があって
違う歯科医院に転職した人、転職する予定のある歯科医療事務さんは
最初からじっくり読むと知識が整理されますよ。

新しい歯科医院で知らないことが出てきても対応しやすいと思います。



病院 結論は?

結論としては

1年で辞めるとかじゃなくて、ずっと歯科医療事務を続けたい

という人には本当にオススメの1冊です。

日本中どこの歯科医院に勤めても使える本だと思います。

ただし、歯科医院によっては
歯科助手さんの教育用に置いてあるところもありますので
働いている歯科医療事務さんは確認してから買いましょう。

歯科衛生士さんは持っている方がほとんどなので
借りて一度読んでから買うのも手です。

ずっと使うつもりの歯科医療事務さんは手元に置いておくのが理想的ですけどね。


posted by ドクター at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科医療事務の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。