抜歯後の注意点 前編

抜歯後の注意点 前編

基本的には歯科医師が説明することだと思いますが
患者さんに聞かれたり、
帰宅してからの患者さんから電話がくることもありますので
歯科医療事務さんも知識を整理しておくと良いでしょう。

帰宅してからの患者さんに

お風呂は大丈夫ですか?
腫れてきたのですが、冷やして良いですか?

と電話で聞かれた時に答えることができますか?

抜歯の程度にもよるのですが
これくらいの質問には歯科医師に替わらずに
歯科医療事務さんが答えられるようになって欲しいですね。


1 ガーゼはしっかりと噛んでください

これは抜歯後にガーゼを噛んだまま帰宅させる歯科医院に限りますが
指定された時間(30分程度)はしっかり噛むようにしてもらいます。

抜歯が終わったことに安心しているのか
なかには適当に噛んでいたり、すぐに捨てたりする患者さんがいます
(比較的、抜歯が早く終わった患者さんに多いように感じます)

受付も行っている歯科医療事務さんは、そのあたりも注意して見てください。



2 当日の飲酒、入浴、激しい運動は避けてください

このあたりは歯科としては常識中の常識ですが
患者さんに「どうしてですか?」と聞かれて答えられますか?

体が温かくなって再び出血してくるからですね。

また、患者さんには
お風呂はどれくらいの温度なら大丈夫ですか?
と聞いてくる患者さんも時々います。

正直、これは患者さん自身と抜歯の程度によるのですね。
なかなか出血が止まりにくい人は、ぬるいお風呂でも出血してきますし
人によっては熱いお風呂でも平気な人もいます。

ただ、それは全て結果論なので
歯科医療事務さんとしては
お風呂は控えてシャワーにしておいた方が良いですよ
と答えるのが正解でしょう。



3 うがいを頻繁にしないようにしてください

抜歯したところが気になるのはわかるのですが
何度もブクブクうがいをする人がいます。

固まった血液が取れると、再び出血してきます。

再出血もっと気になるから更にうがい更に出血

という悪循環になりますので
抜歯した直後に勢いよく何度もうがいをしているような人には
特に強く説明したほうが良いでしょう。



4 舌なので抜歯したところを触らないで下さい

やはり固まった血液が取れる原因になります。
他にも感染の原因にもなりかねません。

抜歯後に
アメを舐めるように口を膨らませている患者さんには
説明しないと帰宅してからも触り続ける可能性がありますよ。


抜歯後の注意点 後編に続きます



posted by ドクター at 06:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科医療事務の受付対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。