アルジネート印象を練る 2

アルジネート印象を練る 2

前回のアルジネート印象を練る 1に続いて
今回は実際に練るところを見てみましょう。

診療のアシストについている歯科医療事務さんなら
一日に何回も使うことがあるでしょうから
数ヶ月も歯科医療事務をやっていれば自然と覚えると思います。

ただし、コツがいるのも事実で
初心者の歯科医療事務さんには難しいでしょう。

今回も初心者の歯科医療事務さんや
基本を確認したい歯科医療事務さん向けです。


3 混ぜる

最初は静かに混ぜて
粉末と水を馴染ませることが大事です。

ここでいきなり
勢い良く混ぜると粉末が飛ぶので注意しましょう。

教科書的には
このときにはスパチュラは
ペングリップで持つ」ことになっています。


4 しっかり練和する

粉と水がなじんだら
(目安として粉の薄いピンクが見えなくなったころ)
スパチュラの面をラバーボールに押し付けて練和します。

スパチュラは
いわゆる「パームグリップで持つ」ようにしましょう。
まぁ、力が入る持ち方で練りやすければ個人の好みで良いと思いますが。

イメージとしては粉末をすりつぶすように力を入れます。

CIMG1247.JPG

普段、ケーキなんかを作る歯科医療事務さんは
上手くなるのも早いかも知れませんね。

ムラがなく、全体がペースト状になるまで練ります。

CIMG1082.JPG

このときに気泡が入ると
どんなに上手に印象を採ってもダメなので大事なところです。

アルジネート印象を練る 3に続きます。




posted by ドクター at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 印象材を練る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。