予約の取り方3 予約制限 追加

予約の取り方3 予約制限 追加


いわゆる「予約制限」「アポイント制限」について
書き忘れたことがあるので追加というか、オマケの記事です。

前編を読んでいない人は
予約の取り方1 予約制限 前編からどうぞ。


今回のテーマは
なぜ、予約制限をするとバレるのか?(笑)」です。

逆に言うと
なぜ、行っている歯科医療事務さんはバレないと思っているのか?(笑)」ですね。

結論から言うと絶対にバレます。
研修医や1年目の歯科医師ならわからないかも知れませんが
まともな歯科医師なら絶対に気づきます。
・ ・・経営者なら尚更です。


予約簿が不自然になりますからねぇ。
正直、見たときに「ハァー・・・」って感じです(笑)

実際に患者さんを診ている側からすると
予約表に違和感が出ますから。


他の歯科医院の歯科医師と話しても
ウチの受付が予約切ってるんだよねぇ、そろそろ言おうかな
などという会話になります。

そう、気づいていないのではなく
いつ注意するかタイミングを計っていたり
遠まわしに注意して様子をみていたりするのです。

なんか予約のこと言われたんだけど、バレてないよね
なんて思っているのは当事者だけですよ。


【歯科医療事務のアポイントの最新記事】
posted by ドクター at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科医療事務のアポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。