患者さんの誘導3 ユニットに座ってもらう

患者さんの誘導3 ユニットに座ってもらう

単純に考えれば

患者さんを案内してチェアに座ってもらうだけ

なのですが
その際のポイントや、
歯科医師が来るまでの間にすることがいくつかあります。

受付をメインに行っている歯科医療事務歯科受付さんは
呼んだ後は受付以外の歯科助手さんに任せる歯科医院も多いと思います。

ですが
私には関係ないから
などと考えずに、必ず最低限のことは覚えていきましょう。


続きを読む
posted by ドクター at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 患者さんの誘導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

患者さんの誘導2 患者さんを呼ぶ 後編

患者さんの誘導2 患者さんを呼ぶ 後編

患者さんを呼ぶときに
注意しなくてはいけないポイントがいくつかあります。

呼ぶときのポイント

1 はっきりとした発音で呼ぶ
2 笑顔で迎えて、丁寧に
3 患者さんの目を見て
4 急がせない

後編では34を見ていきましょう。

12を見たい人は
患者さんの誘導1 患者さんを呼ぶ 前編


続きを読む
posted by ドクター at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 患者さんの誘導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

患者さんの誘導1 患者さんを呼ぶ 前編

患者さんの誘導1 患者さんを呼ぶ 前編

患者さんを呼ぶときに
注意しなくてはいけないポイントがいくつかあります。

歯科医療事務さんの受付の位置などによっても違うでしょうが
患者さんを呼ぶのは主に歯科助手さんという歯科医院も多いと思います。

ですが、普段の仕事に含まれていない
歯科医療事務歯科受付さんも
忙しいときに行えるようにポイントを見て行きましょう。

簡単なことのようですが
この呼ぶ声や呼び方で、
その歯科医院の雰囲気や患者さんの印象も大きく違います。

逆に他の歯科医院での経験者を雇ったときに
どう呼ぶかで、仕事ができるかどうかの目安になるくらいです。


では、呼ぶときのポイントはなんでしょう?

続きを読む
posted by ドクター at 07:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 患者さんの誘導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歯科医療事務 資格ランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。